メインイメージ画像

女優を目指す流れは書類審査を通過後にオーディションを受けます

役者を目指して進む場合ですが、女優とか俳優などで活躍する方の多くがオーディションを経てテレビや舞台に出演しています。こういうオーディションは手始めに俳優事務所に所属するためのオーディションを勝ち抜き、さらには舞台への出演や映画への出演のためのオーディションなど名前が売れるまではオーディションへの参加を継続して、チャンスを掴みます。

ここでは一般的なオーディションの流れについてみていきましょう。まずオーディション手順の第一段階としては書類審査からスタートします。

誰もが名前を聞いたことがある事務所や大きな映画のオーディションとなれば、非常にたくさんの数の応募者が集まりますが、言うまでもなくプロデューサーや演出家が全ての方を審査することは出来ないので、第一に日書類審査による二段階選抜が行われます。これは大抵のオーディションに共通する流れですが、はじめはこの書類審査を突破しなければ演出家やプロデューサーの前でアピールする機会さえも与えられません。写真などビジュアル面はもちろん過去の出演歴や特技などアピールできる点は可能な限り伝えた上で書類審査を突破することを狙って下さい。

そして書類審査に合格しますとオーディションの開催日の知らせが届きます。これは個人個人に郵便で届くこともありますが、最近では事務所や映画の公式ホームページなどで番号や氏名で合格者の名前が告知され、受かった者のみオーディションに進むという流れになります。

ここで最初に書類審査の合格を知るのですが、さらに実際のオーディションに臨む準備をしなければなりません。